自律神経に関するツボとプリリジーで早漏に立ち向かう

早漏は自律神経が大きなカギを握っています。射精を施すのは自律神経の中でも交感神経になり、逆に副交感神経が働くと射精をコントロールできるようになります。この自律神経をうまく調節することで、早漏はコントロールできることがわかるでしょう。副交感神経が優位に働くようにするためには、呼吸やツボが良いです。特にツボで指の生え際の爪を押すことによって、交感神経が働きます。しかし性行為の最中にツボを押すことは、なかなか難しいです。そんなとき頼りになる医薬品があります。

それはプリリジーです。このプリリジーは、脳内の興奮を抑える作用がありますので、確実に射精のタイミングを遅らせることが可能です。射精はノルアドレナリンが分泌されることによって引き起こされます。またセロトニンがノルアドレナリンを抑制することがわかっています。プリリジーはこのセロトニンが分泌されるための医薬品になっており、確実に射精をコントロールすることができます。ただし医薬品の効果は個人差がありますので、そのような方は他の方法で早漏対策を行うことをおすすめします。ツボやプリリジーだけが早漏対策ではありません。

まず今までの早漏対策としてあった、男性器を麻痺させて刺激を緩和する製品があります。クリームやスプレー、またコンドームの製品があります。また分厚いコンドームも刺激を弱めることができますので、効果的な改善策になるでしょう。その他には、男性器で一番敏感な部分を施術することによって、刺激を弱めることも可能です。この場合は手術が必要になります。また性行為自体に工夫をもたらすのもひとつの方法です。カップルで取り組みながら早漏による弊害が生まれない性行為ができれば、それだけで早漏対策になるでしょう。