女性へのネガティブな感情の早漏とプリリジーの服用

思春期の早漏は女性やセックスに対するネガティブな考え方から起きることが多いので、積極的に女性とのコミュニケーションをとって、セックスなどに対する嫌悪感やネガティブな印象を無くすことで症状が完治します。思春期を過ぎてもセックスや女性との交際の経験がない男性は、とくにネガティブな感情を持ちやすいので、遅くとも20代前半には女性との交際などを経験して、コミュニケーションを十分に取る必要があります。女性とのコミュニケーションの訓練ができていないと早漏などのEDの症状が出るだけではなくて、ストーカー行為やDVなどの原因にもなります。これらの行為は男性が感情を抑えることができずに起きることが多いので、女性と接する機会を増やして偏見やネガティブな感情をなくさなければなりません。プリリジーによる治療は射精時間を長くするだけではなく、緊張や不安感を軽減させるので、正常なセックスをするためには効果的で、平均すると1分から2分程度射精の時間が長くなるので、膣内に射精することができるので、女性を妊娠させることもできるようになります。プリリジーは脳内のセロトニンの量を増やすことができるので、不安や緊張、怒りなどのネガティブな感情が起きにくくなるので、女性に対して感情的になってしまう男性はプリリジーを服用することで感情の起伏を少なくすることができます。その他の早漏の治療法としては直接亀頭に塗るタイプの薬がありますが、男性ホルモンと局所麻酔薬が含まれているので、正しく使用しないと皮膚に炎症が起きたり、なかなか射精できなくなります。早漏は一時的な症状なので肉体疲労やストレスが解消されることで完治する場合があります。